人気ブログランキング | 話題のタグを見る

写真集を完成させたらナニかが開いたかもしれない


今通っている写真教室では、

写真集を作る(表現力アップ)のクラスを受けています。


綺麗な写真を並べる写真集ではなく、

自分の中にあるモノを写真集に落とし込むのです。(授業中、先生がおっしゃっていた!のを今自然と出てきたので、その意味が分かったのかも?)


3ヶ月で6回の授業を受け、7回目の授業で完成した写真集の発表会となります。

今、6回の授業が終わり、入稿も完了し、後は仕上がりを待つのみ!


その中で気付いたことがあるんです。

写真集を作る時、テーマや写真、言葉をどんな風に入れようか、とーーーーーーーっても悩むんです。

入稿締め切り時間のギリっギリまで
これで良いのか?
本当に良いのか?
何がしたい?
何を伝えたい?
どうなりたい?
と、たっくさん自分に問いかけるんです。

そして、やっと自分の心にすんなり入ってきたモノが出来上がり、入稿を終え、ちょっとした達成感を味わった後、頭を休ませようと思っていたのですが…

ななななんと!


次どんな作品を作ろうかな❤︎きゃは❤︎


なんて、
頭が勝手に考え出してる!


今まで散々悩んで悩んでうなっていたのに、それはどうでもよくなっていたんです。
出来上がった次の瞬間、既に過去のものとなり、自分の考えるべきモノではなくなっていた…
あんっなに悩んでいたのに‼︎‼︎


そして思ったよ。
生きる上での悩みもそうだよなって。
今悩んでいて苦しいかもしれないコトも、過ぎ去ったら本当にどうでもよくなる。

悩みなんて有るようで無いのかもしれない

悩んだからこそ、の今が有るのかもしれないけど…

だけど、一歩進んだら無いんだよ。笑


無いんだよーーーーーーー!


さっきまであったのに
今は無い。


これからまた新しいナニかが、

有るかもしれない。
無いかもしれない。

そんなコトはわからない。


ただ分かることは
ナニかがあってもなくても

どんどんどんどん
前に進んでいくってコト。

常に過去だし、常に今であり、常に未来。

更に過ぎ去ったモノはとても曖昧で、色んな形で人の記憶に残る。

例えば、昔付き合っていた恋人の顔思い出せますか?
本当にその人と付き合っていた?

写真が残っていれば、それを見て確かに付き合っていたなと記憶を呼び起こせるかもしれないけれど、

写真がなかったら、その過去はマボロシかもしれない。
ユメかもしれないし、モウソウの中の登場人物かもしれない。

非常にあいまいなんだ…


そんなコトに気付いたら、写真がとても愛おしくて…
そんなコトを知っていて、写真を撮ってる人って、とってもかっこいいなと思ったのです。(かっこいいでは言い尽くせないけれど)

だからあんなにも素晴らしい写真が撮れるんだなと。


そんなコトに気付かせてくれた
須田誠さんの写真教室はこちらです。



人生楽しんだもん勝ち❤︎

れぉ

自己紹介はこちら
インスタグラム

by reostar_reo | 2017-03-14 00:47 | 写真

自分と正直に向き合って、自分の力で生きていく、その過程で経験した事や感じた事等色々記していきます(*´꒳`*)


by れぉ